• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

中越国境発砲事件、「中国人」のベトナム侵入から読む少数民族問題(いまじゅん)

2014年05月01日

■中越国境発砲事件と中越協力…「中国人」ベトナム侵入から見える両国の国内問題■

4月18日、ベトナム北部クアンニン省の中国国境で起きた中国からの不法入境者拘束と、彼らによる発砲事件は、日本語のメディアでも多少報じられていたのでご存知の方も多いかもしれません。また、一部メディアやツイッターでは(釣りで!?)「誤訳」を持って「国境で交戦」なんてタイトルまで出ていたので、中越関係は複雑らしいという先入観から両国間で何かあったのかと思った方もいるかもしれません。でも、その後の事件の処理のされ方からは、むしろ両国の「協力関係」の方が滲み出る結果となっています。それはどういうことでしょうか?

■国境と課題を有する両国

事件を簡単に振り返ります と、4月18日早朝4時過ぎ、ベトナム北部・クアンニン省の中国国境BắcPhongSinhで、16人の中国人グループが違法入境し捕まったベトナム側に拘束されました。取り調べを行っていたところ同日12時頃、同グループ側が国境警備隊の銃を奪って発砲し、脱出を試みましたが、結果取り押さえられた模様。混乱の中で7人が死亡、うち2人はベトナム側国境警備隊員で、5名は中国人グループ側。中には抵抗の末、事務棟の建物から飛び降りて自殺したものもいたそうです。

20140501_写真_ベトナム_中国_1
*事件のあったBac Phong Sinhはこのあたり。右下Mong Caiでも同日に不法出入国騒ぎが。

ちなみにこの国境は両国間の「National Border」で、ベトナム・中国人以外も通れる「International Border」ではないため、近年でこそ両国間を歩いて渡るようなバックパッカーもいる中、ほとんど知られていない国境と言えます。広い国境を共有する両国、我々外国人がたまに超えられる友誼関などとは全く違う世界がここにはあります。


■「中国人」が誰かということ

しかし、事件の性質は「中国人」グループがどうやら新疆方面から来たウィグル族らしいということから一変します。ベトナムの領土内でベトナム警備隊にも死者が出るという、明らかなベトナムにおける事件にもかかわらず、ベトナム当局は何と「事件同日午後に」11人(内子供2人)と5人の遺体を中国側に引き渡してしまったのです。その超速攻の対応に「なぜそんな拙速に?ベトナムの主権って一体……?」とベトナムからも疑問の声が一部では上がりました。確かに取り調べ中に銃を取って発砲してしまったことは大きな刑事事件ですが、もし彼らが元々政治難民だとしたら、その保護はそれこそ大きな国際問題です。

20140501_写真_ベトナム_中国_2

その「中国人」グループのアイデンティティーにヒントを与えそうな上記写真は、事件発生当初どのベトナムネットメディアも使っていたのですが、同日夕方からパッタリ使われなくなりました。中国からの「お願い」があったのではないかと、そこは推測してしまうところ。事件翌日には中国からも命を失ったベトナム国境警備隊に弔問団が訪れ、ベトナムでのメディアはそれ以降「国境を守った烈士たち」への哀悼の念、という論調の報道が主となっています。


■考えたこと:独裁国家同士の困った時はお互い様?

この速やかな対応は「ベトナムは中国に屈したか?」とみるよりは、むしろこの共産党独裁国同士の「困った時はお互い様」合意ではないかと感じます。中国ほどの量ではないにしろ、ベトナムでも少数民族との摩擦は、特に国境地域においてたまに起きており、近年では2011年に、これまた中国国境ともそれほど遠くないベトナム北西部でHmong族の暴動が起きています(以前の記事はこちら参照)。こういった少数民族で当局より圧力を受けた人たちがベトナムから国境を越えて中国側に行くことだって、大いにあり得ます。

この事件後の続報 としても、21人の「中国人」(詳細不明)が、何とこの事件と同じ日の夜に、今度はクアンニン省モンカイから不法入国しようとして阻止されているニュースがベトナムで報道されています。3月にはタイで100人を超えるウィグル人が、そして同月には200人を超えるウィグル人がマレーシアで拘束されているというニュースもあり、これらの関連性も注目に値します。中国国内の事情がウィグルの人を追い立てているのか、周辺各国への中国への「要請」が強まっているのか……。しれっと過ぎ去ろうとしているこの事件ですが、大きな国際問題になっていなそうなのが不思議なくらい、色々な要素を含んでいると思います。

関連記事:
中越戦争、熱いメディアと冷淡な教科書=ベトナムの「歴史教科書問題」(いまじゅん)
安倍首相参拝に対するベトナム人の反応=「ファシスト日本」と歴史的バランス感覚(いまじゅん)
習近平の汚職対策はすばらしい!社会主義仲間・ベトナムの評価(いまじゅん)
ベトナム人嫁をグルーポン系サイトで共同購入?!中国公安部も怒った光棍節の大騒ぎ
中国ネット世論「ウイグル族の特権って酷くね!?」日常の民族問題(迷路人)

*本記事はブログ「ハノイで考えたこと」の2014年4月22日付記事を、許可を得て転載したものです。

コメント一覧

    • 1. 高口康太
    • 2014年05月03日 15:22
    • コメントくださった方へ。

      スパムコメントを削除している時に操作ミスで消してしまったようです。すいませんでした。

コメント欄を開く

ページのトップへ