• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「人工隕石で空母撃沈」「酸性雨で米空母がとろとろに」逆神軍事評論家・張少将の活躍(高口)

2014年05月20日

軍事評論家の張召忠退役少将がテレビ番組で「人工隕石雨による空母攻撃はイケる」と発言。中国で笑いものになっている。しかし番組を確認すると、浮かび上がってくるのは軍事芸人としての張少将の優しさだ。
 


20140520_写真_中国_人口隕石_


張少将といえば、「逆的中100%の逆神」「昆布で米原潜を捕獲など奇策」などで中国ネットユーザーのおもちゃとされている軍事コメンテーター。今回、新たな伝説が加わってしまった。発言があったのは中国中央電視台(CCTV)軍事チャンネルの番組「防務新観察」。「イランの米空母秒殺術、どんな秘密が?」という特集での発言だ。ネットユーザーが考えた空母打倒の秘策についてコメントしている。

秘策1:人工隕石雨


*ちゃちいCGも見どころ。中国語がわからなくても見ていただきたい。

ロケットを打ち上げ、宇宙から金属球をまき散らす。それが人工隕石雨となって敵空母を破壊!

張召忠:それなりにいけますね。まず隕石だと電磁反応がないんですよ。相手が(ECMで)電磁的に妨害しようとしても、なにせ降ってくるのは石ころだから(妨害は不可能)。去年、ロシアに隕石が落ちましたが、その速度はマッハ20超ですよ。卵ぐらいの大きさのものでもね、マッハ20で落ちてきたら分厚い鉄板も貫通しますよ。

司会者:どうやって正確にあてるかがポイントですよね?

張召忠:それは問題ですね。まあ位置と移動方向を把握しておけば大きな問題はないでしょう。

司会者:なのでこの方法は使えるとお考えなわけですね。

張召忠:それなりに使えます。ただし膨大な計算が必要になりますが。


秘策2:酸性雨
酸性雨を作り、空母を腐蝕する

張召忠:これもまあいけます。ただし腐蝕の速度は遅いですからね。空母は腐蝕しないように作られていますから。

司会者:戦争終わっちゃいますね(笑)

張召忠:10~20年はかかるでしょうね。


■軍事は中国のガンプラ

番組でのやりとりは以上のとおり。実は番組にはもう一人専門家が出演していたのだが、こちらは相手にできないと思ったのか沈黙してばかり。ネットユーザーの考えた、使い物にならない「ボクの考えた奇策」について「いけますね」「できますね」と積極的にひろっていく張少将の優しさが光る。

「軍事は中国のガンプラ」だ。日本の子どもが巨大ロボットや超能力バトルに胸ときめかせている頃、中国の子どもは軍事雑誌を読んでわくわくしていたのだ。もっとも最近では日本アニメや米国の映画が普及してそういう子どもは減っているようだが、今のおっさん世代にとっては間違いなく軍事は娯楽の一つだった。

CCTVに軍事チャンネルがあることからもわかるように、おっさん世代の軍事娯楽需要はいまだにそれなりのもの。そんななか、消費者の期待に応え続ける張少将の軍事芸人魂に改めて恐れ入った次第だ。

関連記事:
米原潜の侵入を拒む新兵器・昆布陣=タカ派四天王筆頭、“逆神”張少将がまたも笑いものに―中国
「カダフィは捕まらない→即死」逆的中率100%のコラムニスト・張少将の伝説―中国
「出会いは軍事訓練でした……」中国オタクのオタ友との出会い方(百元)
「SARSと鳥インフルエンザは米国の生物心理兵器」中国軍事評論家の妄言と奇形化した愛国主義
「軍人牧場」「軍人アメーバピグ」「布団たたみ」……人民解放軍開発の軍事ゲームが「未来」すぎる件―中国


トップページへ

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. pleco
    • 2014年05月21日 00:04
    • 日本でも冷戦期は『ソ連襲撃の予想経路!』みたいなのが少年誌に特集されてたわけで、軍事ってのはやっぱ男の子心をくすぐるんでしょうね。
      新疆でもよく子供が特警の真似してBB銃で撃ち合いしてます。身近であればあるほどおもちゃになるんでしょうか。
    • 2. Chinanews
    • 2014年05月21日 00:41
    • >plecoさん
      確かに軍事が男の子心をくすぐるのはいろんな国で共通かも。ただネットが普及して、そういう「ネタ」的なものまでがんがん紹介されて、「中国人はみな軍事に夢中」とか誤解している人をみるとちょっと……という気がしますが。
      特警の話、せつないですね。

コメント欄を開く

ページのトップへ