• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

海外ゴミからお宝回収、捨てられた小銭を集めて1億円ゲット=なぜか「違法経営罪」で逮捕―中国

2014年05月21日

ゴミに混ざっていた外国のコインを集めて、きれいにお掃除した後換金したら、違法経営罪で懲役2年になってしまった……。2014年5月19日、新華網がちょっと不思議な事件を報じている。

上海市で骨董、古銭を扱っている梁恩梅氏。外国から中国に持ち込まれるゴミの中には結構小銭が混ざっているけど、これを換金したらちょっとしたお金になるのでは!とクリエイティブなビジネスプランを思いついてしまった。
 

とはいえ、ゴミにまぎれていた小銭はぼろぼろだったり、汚れていたり、折れ曲がっていたりするものを少なくない。そこで登場するのが、梁の義理の叔父、王維初氏。王はねじ曲がった硬貨を元に戻したり、汚れたものを洗剤で洗ったり、割れているものをつなぎ合わしたりという清掃・補修作業を担当した。きれいになったコインは最終的に梁が海外に持ち出し銀行で換金していたという。こんなんで儲かるのか気になるところだが、9カ月間約669万元(1億円)もの利益を得ていたという。

梁は全国各地で入手したゴミに混ざっていた硬貨を次々と買いあさり、宅配便で王の自宅に送っていた。逮捕当時、王の家には約9.7トンもの硬貨が積まれていたとのこと。1億円を手にするためにどれほどの量のコインを補修したのかと考えると気が遠くなりそうだ。

さて、なぜこれが違法経営罪になるのかが気になるところ。実は中国の違法経営罪には「国家指定の取引所以外で外貨を違法に取引すること」が含まれている。というわけで、中国の法に照らして犯罪であることは間違いない。

とはいえ、この罪状はもともと国家の外貨規制をすり抜けようとする経済犯罪を念頭に作られたもの。ゴミに混ざっていたコインをかき集めたというだけの話に適用するのはいかがなものかと思わないでもないが……。

関連記事:
中国で豪快なニセ札事件相次ぐ、子ども銀行券でバスに乗ろう(水彩画)
なぜ日本では賽銭箱には5円を投げるのだろうか?!中国人オタクの議論(百元)
ベトナムで高まる中国脅威論=対中貿易は大幅な輸入超過―北京で考えたこと
「平和の国」中国が東南アジアから嫌われた……米国の陰謀に違いない!―政治学で読む中国
エールフランス「中国で整備したらねじがなくなってました」=中国ネット民の反応


トップページへ

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. f
    • 2014年05月22日 04:50
    • がんばったのに不憫すぎる…^^;
    • 2. kks
    • 2014年05月24日 03:46
    • それはリサイクルじゃないか。
      罪がないを思う

コメント欄を開く

ページのトップへ