• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

実効性よりもメンツ、中国政府の「悪手」が招いた香港・雨傘革命(高口)

2014年10月08日

星海社のサイト「ジセダイ総研」に記事を寄稿しました。

中国政府の「悪手」が招いた香港・雨傘革命
香港政府のトップ、行政長官選出選挙に「真の普通選挙」を導入して欲しい。数万人の香港市民が香港中心部の主要道路を占拠する「雨傘革命」が続いている。

民主主義を求める香港市民の怒りが爆発した――というほど単純な話ではない。活動参加者は決して一枚岩ではないし、中国経済への依存を理解し受け入れている人も少なくない。そうした中でこれほどの抗議活動が生まれた決め手となったのは、香港政府と中国政府による「悪手」だ。

いったいどのような「悪手」が指されたのか、そこから私たちは何を学ぶべきなのかを考えてみたい。

20141008_写真_中国_


一応ポイントとしては、

・短い文字数で全体像を伝えたい
・「いつかは普通選挙を」という香港基本法の約束を「とんち」で切り抜けようとした中国共産党。
・催涙弾を打たなければこんなことには……。「雨傘革命」という言葉の象徴的な意味。
・香港人を説得するよりも、自分たちのメンツを満足させることを優先させてしまった中国の対香港政策。

といったあたりになるはずです。良かったら読んでください。

関連記事:
汚職官僚の妻は香港で子どもを産む?!一人っ子政策逃れの裏技に規制案(水彩画)
「香港人は犬畜生」天安門事件参加者から北京大学教授になった男の「暴言」―中国
中華圏でブレイクした「進撃の巨人」、「中国に包囲された香港」を予言した作品との深読みも
香港の「粉ミルク持ち出し制限令」は無用の法律、中国人蔑視の産物か
「中国人は醜いイナゴ」香港で高まる反中感情=募金を募り新聞に意見広告


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ