• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

禁酒・禁煙する奴はイスラム原理主義、中国政府が新疆で宣伝活動(高口)

2015年05月01日

「禁煙したやつはイスラム原理主義」 AFP通信が新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県艾里西湖鎮での、中国政府による宣伝工作を伝えています(RFA中国語版)。

同地では2014年7月28日に大規模な殺傷事件が起きています。中国当局の発表によると、刃物を持った暴徒が派出所や政府庁舎を襲撃、市民37人が殺害された。警察の反撃により暴徒59人が死亡したとのこと。一方、世界ウイグル会議は、ウイグル人が女性のヒジャブ着用摘発に抗議したところ、当局が暴力的に鎮圧した、2000人超が殺害される虐殺だったと主張しています。

fixing my hijab
fixing my hijab / Ranoush.

現地の取材は許されず真相は闇の中にあるわけですが、その艾里西湖鎮の中心部にある市場では大音量の宣伝放送が延々流されているとのこと。その中に「宗教原理主義勢力の7つの行為」なる項目があり、「酒やタバコをやらないやつは原理主義勢力」「友達からの酒の誘いを断ったら原理主義勢力」「ラダマンにレストランや商店を閉めたら原理主義勢力」などなどご無体な条項が含まれているとのこと。

ちなみにテロ活動、違法宗教活動を通報すると、最高で20万元(約400万円)の奨励金がもらえるとのこと。下手すると禁煙しただけでたれ込まれて警察がやってくるという笑えない事態になりそうです。中国でも健康志向から禁煙する人も多いのですが、新疆では禁煙が禁じられているという……。

これまでにもヒジャブ(スカーフ)などの着用禁止、未成年のモスク礼拝禁止などが新疆の一部地域で法制化されたと報じられていましたが、「禁煙=原理主義認定」というのはなかなか厳しいんじゃないか、と。

ウイグル人はもともと世俗化したムスリムが多かったのに、近年ではイスラム回帰が進んでいるとのこと。なので中国当局の思惑としては「今まで通り世俗化してなさい」ということなのでしょうが、衣装や飲酒・喫煙を禁じればイスラム回帰を止められるという発想は因果関係を逆転させているようにしか思えません。

関連記事:
ウイグル問題について知っておくべき2つのポイント、ジセダイ総研に寄稿しました(高口)
「通り魔が出たぞ!」ウイグル人におびえる中国、デマがきっかけでパニック発生
中国ネット世論「ウイグル族の特権って酷くね!?」日常の民族問題(迷路人)
漢民族のウイグル人蔑視を素直に伝える、マンガ『中国のヤバい正体』がかなり残念だった件
チベット・ウイグルのネット世論を観測せよ=ITで進化する中国の監視社会


トップページへ

トラックバックURL

トラックバック一覧

  1. 1. 【ウイグル】禁酒・禁煙する奴はイスラム原理主義、中国政府が新疆で宣伝活動 [H27/5/2] 1 :

    • [PEACH ちゃんねる]
    • 2015年05月02日 08:05
    • 【ウイグル】禁酒・禁煙する奴はイスラム原理主義、中国政府が新疆で宣伝活動 [H27/5/2] 1 :◆sRJYpneS5Y:2015/05/02(土)01:08:05 ID:??? 禁酒・禁煙する奴はイスラム原理主義、中国政府が新疆で宣伝活動(高口)

コメント欄を開く

ページのトップへ