• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

江沢民復活!葬式イベント出席で健在アピール=対照的に老いゆく胡錦濤(水彩画)

2015年09月10日

江沢民が葬式に出た出ないで騒いでいるのは多分日本でもそうそういないでしょうが、とりあえずお知らせしておきます。

張震同志の遺体、北京で火葬(新華社 2015/9/9)

新華社の報道で「江沢民、胡錦濤らが、葬送曲の元、ゆっくりと歩いて張震同志の遺体の前に立ち、張震同志に3度頭を下げ……」とあったので、驚いて『新聞聯播』を見に行ったら、確かに列席していました。



党大会など共産党のオフィシャルなイベントを除き、葬式だけに限って言えば、恐らく2009年暮れのンガプー・ンガワン・ジクメ(中国公式的にはアペイ・アワン・ジンメイ)の葬儀以来となります。 今年の夏は大物がバタバタと倒れています。6月に喬石、7月に万里、8月に尉健行と汪東興と常務委員経験者が4人亡くなりました。

20150911_写真_中国_江沢民_1
※5年半のブランクを感じさせない

高官には一顧だにされなかった汪はさておき、現役時代に常務委員を務めた3人の葬儀にも列席せず、「遠方より花輪を贈った」江沢民が、なぜこのタイミングで葬式解禁したのか。 先日パレードで指が開かない失態を見せたばかりなので、元気な姿を見せておく必要があったのでしょうか(*9月3日の軍事パレードで、3本指で柵をつかんでいる映像があったが、「あだなどおりカエルっぽいね」とネットで話題に。詳細はこちら

20150911_写真_中国_江沢民_2
※ひょっとして江沢民より先に(ry

それより気になるのは、胡錦濤がどんどん弱ってきている点です。現役時代から硬い表情でしたが、ここにきて更に硬くなっている気がします。 江沢民がここぞとばかりに出張って、胡錦濤を連れ回して弱ったところを晒させているのでは、と邪知もしたくなってしまいますが。

関連記事:
悪徳葬儀業者のボッタクリを阻止せよ!民草に優しい中国政府が「葬儀定額制」を導入
「貧乏人にはタダで棺桶プレゼント!」謎の福祉政策、その背景とは?―中国広東省
重症精神障害者発見ノルマ制が発覚、官僚主義を極めた中国式数値目標
悪しき風習を変える文明開化?!お墓をぶっ壊す運動の裏側にあるあこぎすぎる現実―中国
海洋散骨すれば1万5000円を贈呈、上海市のお墓用地節約術と中国人の信仰心

*本記事はブログ「中国という隣人」の2014年6月30日付記事を許可を得て転載したものです。


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ