• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

アジア発の科学技術イノベーションを知るために、JFASTご案内

2016年11月08日

アジア経済研究所の木村公一朗氏から「第 1 回 JFAST (Japan Forum for Asian Science and Technology)
―アジアの科学技術イノベーションのための交流会―」のご案内をいただきました。

アジアの科学技術イノベーション(STI)について、自然科学者、人文・社会科学者、ビジネス界、政策コミュニティの垣根なく意見交換していくための場を目指していきたいとのことです。欧米と日本が先行しアジアの途上国がキャッチアップするという既存のモデルから、アジア発の技術開発という新しい状況が生まれています。ロケット長征5号の打ち上げなど、「中国の技術を侮ってはならぬ」云々とは最近よく聞く話ですが、侮らないだけではなくて具体的にどのような状況になっているのか理解することは重要だし、面白いんじゃないかな、と。私も参加させてもらう予定です。




 

14958307_10154474582854473_1715093395_n

第 1 回 JFAST (Japan Forum for Asian Science and Technology)
―アジアの科学技術イノベーションのための交流会―
 
■開催概要
日時:2016 年 12 月 3 日(土) 開場 14:30、講演会 15:00~18:10、懇親会 18:10~19:00
会場:日本橋ライフサイエンスビル 2 階会議室(先着 120 名)
東京都中央区日本橋本町 2-3-11、URL:https://www.nihonbashi-lifescience.jp
会費:参加費無料、懇親会費 1,000 円(寄付の状況により下がる可能性があります)
申し込み:こちらから。今回は参加できないという方はメーリングリストのみの参加も可能です。

■プログラム
14:30 開場
15:00~15:10 開会挨拶 早野 元詞 氏(UJA 戦略室/HFSP フェロー/ハーバード医科大学 研究員)
第 1 部 アジア・ハイテク産業の発展
15:10~16:10 元橋 一之 氏(東京大学工学系研究科 教授)
「上海のハイテククラスターと日米欧企業とのリンケージ」
16:10~16:55 武田 隆太 氏(株式会社リバネス グローバルブリッジ研究所 所長)
「シンガポールはテクノロジーベンチャーの聖地になれるのか?―研究者が主体的に関わる
ベンチャー起業のかたち」
モデレータ:木村 公一朗 氏(ジェトロ・アジア経済研究所 副主任研究員)

16:55~17:05 休憩
 
第 2 部 海外で研究することの意義と課題
17:05~17:20 清水 毅志 氏(エルゼビア・ジャパン株式会社 ソリューションマネージャー)
「海外での研究経験は研究者のスキルを向上させるか?―論文データの分析から見えること」
17:20~17:45 河野 洋治 氏(中国科学院 上海植物逆境生物学研究中心 Junior Group Leader)
「中国のサイエンスの現状」
17:45~18:10 曲 寧 氏(東京医科大学 人体構造学分野 講師)
「中国の小児科医が日本で基礎研究者になる道」
18:10~19:00 懇親会
 
■趣旨
アジアの科学技術イノベーション(STI)への関心が、研究者・ビジネス・政策コミュニティで高まっています。まず、アジア諸国・地域の経済成長とともに、研究開発(R&D)やイノベーション、科学技術教育の行方に注目が集まるようになりました。また、政府も日本の STI の国際化を促進し、アジアの STI の活力を取り込むため、各種政策を打ち出しています。そして、中国やシンガポールなどで科学技術研究を行う研究者も増えてきました。しかし、この存在感の増すアジアの STI を対象に、その動向や課題について情報交換し、日米欧の STI との関係を議論するための場はありませんでした。
 
そこで、海外で活躍する研究者の連絡会・海外日本人研究者ネットワーク(United Japanese researchers
Around the world;UJA)が、アジアの STI の理解を深めるための交流会 JFAST を開催し、関係コミュニテ
ィの発展に貢献していきたいと思っています。第 1 回は、アジアの STI のなかでも、発展著しいバイオ産業
やエレクトロニクス産業を含めたハイテク産業を取り上げ、中国やシンガポールなどの最新動向を理解しな
がら日本の課題を考えていきます。また、日本の STI の発展のため、海外で研究することの意義や課題を共
有する機会も設けるほか、参加者の交流を促進するため、最後に会場で簡単な懇親会も開きます。本趣旨に
ご理解いただき、JFAST にご参加・ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします!

■参加要綱
・懇親会費は当日、会場受付にてお支払いください。
・ご都合の悪い方も、上記バナーよりメーリングリストにご登録ください。今後のご案内をお送りします。
・登壇者等、予告なく変更となる場合がありますことご容赦ください。
・お問い合わせ先:jfast1203@gmail.com

■運営
主催: 海外日本人研究者ネットワーク(UJA)JFAST 運営委員会
共催: 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)北京事務所
協賛: 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
エルゼビア・ジャパン株式会社
ライトハウス・グローバル株式会社
主催者について: UJA は、日本人研究者の海外でのさらなる活躍を目的とした、世界各地の研究者コミュ
ニティ(約 30 団体)の連絡会です(2012 年発足)。2016 年、さらなる発展のため、日本では一般社団法人
海外日本人研究者ネットワーク(UJA)を、米国では NPO 法人 UJAW, Inc.を設立しました。URL:
http://uja-info.org/

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ