• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

執筆者・いまじゅん を含む記事 の記事

中途半端な言論検閲、天安門事件報道に見るベトナム式ネット規制(いまじゅん)

2014年06月07日

■ベトナムは天安門事件をどう伝えてるかー「越南式」ネット規制とは?■

今年で25週年を迎えた天安門事件、実は元々中国屋を目指していた自分にとっては、若かりし頃、その重要性は理解出来なかったもののインパクトは非常に大きかったのを覚えています。その事件からもう25年か……と感慨深く感じていたところですが、かといってハノイでその話題をする相手も周りにあまりいません。というわけで「ベトナムメディアはどう伝えるかでもチェックしてみるか」と思いつきました。
 

「我慢にも限界がある」南シナ海で中国と衝突、ベトナム現地の反応(いまじゅん)

2014年05月08日

■ディエンビエンフーと南シナ海:中越艦船衝突の皮肉なタイミング‏■

ベトナムと中国の関係が更にキナ臭さを増しています、それも何とも皮肉なタイミングで。

中越国境発砲事件、「中国人」のベトナム侵入から読む少数民族問題(いまじゅん)

2014年05月01日

■中越国境発砲事件と中越協力…「中国人」ベトナム侵入から見える両国の国内問題■

4月18日、ベトナム北部クアンニン省の中国国境で起きた中国からの不法入境者拘束と、彼らによる発砲事件は、日本語のメディアでも多少報じられていたのでご存知の方も多いかもしれません。また、一部メディアやツイッターでは(釣りで!?)「誤訳」を持って「国境で交戦」なんてタイトルまで出ていたので、中越関係は複雑らしいという先入観から両国間で何かあったのかと思った方もいるかもしれません。でも、その後の事件の処理のされ方からは、むしろ両国の「協力関係」の方が滲み出る結果となっています。それはどういうことでしょうか?

サッカー狂大富豪が作り上げたベトナム黄金世代、高まる期待とワンマンの弊害(いまじゅん)

2014年02月17日

■「ベトナム代表はオレのもの」…ベトナムサッカー期待の世代とその「所有権」について■

「面倒くさいんで辞めたいんですけど……」ベトナム共産党員の正しい辞め方(いまじゅん)

2013年12月27日

■「面倒くさいんで辞めたいんですけど……」ベトナム共産党員の正しい辞め方■

50万ドル横領で死刑、厳罰は一罰百戒のいけにえなのか?―ベトナム(いまじゅん)

2013年12月18日

■死刑判決はベトナム流「見せしめ」なのか?:汚職対策と厳罰続くベトナム経済界■

中国の忘年会に出席してみた=余興ではアニソン熱唱も―北京で考えたこと

2011年01月24日

大熱狂!春節パーティーで大盛り上がり!

いやー、今年もあとわずか、っていうのは旧暦の話でして、中国では今が正に年末です。中国の民族大移動でもあります、「春運」(帰省ラッシュ)もいよいよ本格化して来ますし、街中の飾りつけも本格的になり始めたところ。

自分の所属している中国側機関でも先日は春節パーティー、春節聯歓会が行われました。まずは昼から飲んで食って、そして午後からは3時間以上ぶっ続けの出し物の連続!気合の入りぶりには圧倒されました。道理で何日も前から練習しているわけだ、こりゃ。でも民間に勤める中国人曰く、「そんなに春節パーティー(「年会」とも言います)が激しいのは、国有企業とかだよ」と言われて、うむ、確かにまあ国有企業みたいなものですね・・・。

20110123_party1

まずはいきなり、所属先機関と関係のあるチベットからやってきたゲストの踊りから。どうやらプロではないようですが、衣装などはばっちり決まっていました。出張で来たのか、それともこの踊りを披露するために来たのか・・・?この後すぐに、自分も一応日本代表で周華建を歌ったのですが、ピンのカラオケでめっちゃやり難かったぁー(ちょっと順番考えてくれよぉー)。

*当記事はブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

新中国建設に貢献、革命戦士との恋=新たな日本人像を描くドラマ「鋼鉄年代」―北京で考えたこと

2011年01月20日

「鋼鉄年代」から見た中国(1)戦後中国での新しい日本人の描かれ方

久々のこのドラマから見た中国シリーズ。今回見た「鋼鉄年代」は全37話と長く、ドラマからは中国のさまざまな、異なる側面が見えてきました。そこで、何回かに分けて、このドラマを見て考えたことを書いていこうと思います。

o0183027510992412609

ドラマの舞台は、戦前に日本が建てた鞍山製鉄工場が、国共内戦、新中国建国を経て、中国工業化に向けてどのように再興していくかという時代背景の中、戦時中の混乱の中引き裂かれ、また奇妙な縁で結ばれ、また喧嘩し、といった複雑な関係の3人(男2人、女1人)を基点に描いたものです。

*当記事はブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

デモ・抗議運動は年間9万件=窮乏化する農村の実情をSNSで伝える研究者―中国農業コラム

2011年01月17日

農村問題もツイッター!微博で農村を語る于建嵘

自分が関心を持っている農村の問題でも、特に土地をめぐってはスキャンダラスな事件も目立ちます。都市部でもそうですが、最近は例の農村建設用地と都市開発用地の交換(「増減掛鈎指標」)制度(過去記事「数字合わせの食料安全保障=内情は深刻な状態に」「「村がなくなる?」―農村の(強制的?)都市化が抱える問題点」を参照)の運用上の問題もあり、農村でも強制退去に関して政府を糾弾する声が上がっています。その中で有名になっているのがこの于建嵘です。

20110117_blog_weekly
※雑誌「博客天下」。

彼は社会科学院農村発展研究所社会問題センター主任の研究者ですが、ネット上でも活発な議論で有名になっています。既に2004年に南方週末紙「特別致敬人物」、2008年南方人物週刊でも「中国魅力人物」に選ばれていますが、昨年12月に出た「博客天下」(博客=ブログ)という、中国のブログ・マイクロブログ上での各種の話題を取り上げた雑誌で、「2010年年度人物」に選ばれました。

活発な言論で既に知名度を得ていた彼が、微博(微博=マイクロブログ)という新たなツールを得て更に声高になったということでしょう。その彼は新浪微博で活発につぶやいているのですが、多くの発言に反応があり、また常に数百、時には千を越える規模でリツイート(転送)されています。

*当記事はブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

「儲かる農業」でネオンきらめく大都会に=「農業都市」寿光を見た―中国農業コラム

2011年01月05日

温室と高層ビルと−儲かる農業・寿光市

これまで数少ないながらも中国農業や農村の話題を追ってきましたが、イケイケの中国経済に比べれば、辛い状況の方が多く、問題山積との印象も受けていました。そんな中、ある種「イケイケ」な農業を展開しているように感じられた場所がありました。山東省寿光市です。

20101229_Agriculture1

その発展を支えているのが「日光温室」(写真参照)。加温などの人工的なエネルギーによる温度コントロールを行わないビニールハウスで、「寿光市出身の王楽義さんが吉林省など東北で見られた温室を1990年代からローカル化して規範化したものが元祖となり、その後もバージョンを上げながら普及しているものだそうです。この日案内してくれた方に拠れば、この日光温室栽培の広がりも含めた寿光での農業の成功は、現在中国全体の農業の中でも発展モデルとして注目されているそうです。

*当記事は2010年3月28日付ブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

海外で生きる日本人=和僑会を知る―中国農業コラム

2011年01月03日

オルドスの風と、「和僑」という生き方

先日参加した飲み会で、生き方についても考えさせられる面白い話ができました。一つのキーワードはオルドス、もう一つは和僑です。写真のメンバーで楽しい語りができました。

20101229_Ordos

オルドスの主役はバンベン(坂本)さん、ご自身のサイト・オルドスの風HPでも詳しく紹介されているとおり、オルドスと出会い、ビジネスをしていく中で植林もできないか、という思いで会社経営&植林活動などのオルドスのための活動をなされています。その関係で北京にやってきたところを、光栄にもお会いすることができました。

*当記事は2010年10月27日付ブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

中国版『三丁目の夕日』=80年代工場労働者の古き良き時代を描く青春ドラマを見た―中国農業コラム

2011年01月02日

「我們的八十年代」と改革開放前期の中国

最近色々中国のドラマを見ていますが、本当に面白いものがかなりあるなあと。今回ご紹介するのは、改革開放初期の工場を舞台とした青春ドラマ『我們的八十年代』です。

20101229_china_dorama3

とにかく、時代感を感じさせる国営工場での懐かしい(って自分は経験したことないですが)雰囲気が素敵です。そこで描かれる若者たちは、市場経済の息吹を感じつつも、いわゆる「義」を重んじる「哥們」(仲間)としての関係なのです。喧嘩あり、恋愛ありの関係ですが、拝金主義的な現代中国から見ると、爽やかな涼風のように感じられます(ちょっとほめ過ぎ?)。まあ、もちろんドラマだから爽やかなのですが、当時はそういう雰囲気はよりあったんだろうなあと感じます。

*当記事は2010年1月17日付ブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

男たちが消えた村で=ドラマ『女性の村』から見る中国現代農村―中国農業コラム

2010年12月31日

「女人的村庄」と現代中国農村

今回紹介する『女人的村庄』(女性の村)は農村が舞台です。

20101229_china_dorama2

現代中国の農村で多く見られる、青年男子が都市に出稼ぎに出てしまい、主に女性と子ども、高齢者のみが残っている農村(このあたりは日本の様子と似てきていますね)。そんな農村で残された女性が「女性にもできるんだ!」という気概の村の主任に引っ張られ、事業を展開していくというお話。

*当記事は2010年1月6日付ブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

誰が中国を汚染しているのか?2年間を費やした大規模調査「全国汚染源センサス公報」―中国農業コラム

2010年12月30日

汚染の犯人は誰か?全国汚染源センサスの結果と農業による面源汚染の深刻さ


Rainbow pollution / gambier20

少し前にはなるのですが、2月10日付けの新聞で、同日にあった食品安全委員会設立のニュースに続き、もう一つ目を引いたのは、環境保護部が発表した「第1回全国汚染源センサス公報」です。

これは2年間をかけて行われた大気、水質汚染に関する調査で、2007年12月31日を基準に、全国の主要な河川や湖沼を対象に主要汚染物質を調べたものです。同センサスには全国汚染全数調査というページももありました。

*当記事は2010年3月2日付ブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

家が買えない!都市民の悲哀と悪辣業者を描いた社会派ドラマ「蝸居」を見た―中国農業コラム

2010年12月29日

「蝸居」と中国不動産(バブル?)

ここのところ大変はまってみていたTV「蝸居」を見終わりました。35話にわたるお話でしたが、面白くてあっという間に見てしまいました。そして、このTVドラマは今年の中国でも最も話題になったドラマと言って間違いないでしょう、特に今年後半はこの蝸居という言葉が何度も新聞・雑誌の紙面を飾りました。個人的にかなり「ヒットした」作品です。

20101229_china_dorama

タイトルの蝸はかたつむりの意、居は家という意味で、まあかたつむりの家と言うか殻と言うかを意味するのですが、これは現代中国都市社会で住宅購入に苦労し、それによる経済的負担を一身に背負う様子を比喩したものです。住宅を買うという決断の中で、生活費をどんどん切り詰めていく姿は、華々しく語られる中国の経済成長とは違った、日本人にとってはある種の「親近感」さえ感じさせられる姿です。

*当記事は2009年12月30日付ブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。

「農作業?だるいッス」やる気ゼロ農民急増中?!恐怖の怠け者農法―中国農業コラム

2010年12月27日

ぶっちゃけ「怠け農業」の巻


I bought a new hoe / chidorian

「怠け農業」(意訳:原語は懒田)って自分が言っているわけではないんですよ。中国共産党中央宣伝部主管、新華社が出している、まあいっちゃ権威のある「半月談」という雑誌にあったものです。形式はほとんど湖南省長沙市のある農民へのインタビュー、現代の農家のぶっちゃけトークをご覧ください。

昔と今はだいぶ違うねえ。昔は種まき前に種を水につけて発芽させてから播いていたんだけど、今はやらないねえ。いやー、うっかりしているとテレビ見ているうちに、種まきするのも忘れちゃうんだよぉ。(おいおい!)
*当記事は2010年11月3日付ブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。
ページのトップへ