• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

インフレ の記事

胡錦濤最後の戦い?!尖閣問題よりはるかにヤヴァイ敵、その名は「インフレ」

2010年11月22日

2010年11月19日、中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は預金準備率の0.5%引き上げを発表しました。29日の施行。


上海浦东发展银行(原汇丰银行) / Bruce Chan


預金準備制度とは各金融機関の預金残高のうち一定比率を中央銀行に預けなければならないという制度。預金準備率はその比率です。銀行が融資できるお金の量が減れば、市場に出回るお金(流動性)も減るよという狙い。より直接的な効果を持つのは公定歩合の引き上げですが、「人民元の上昇圧力が高まっちゃうよ!輸出にピンチだよ!」ということか、こちらにはなかなか手を付けられないもよう。

どのぐらい多用されているかを見てみますと。今回でなんと今年5回目の引き上げ。11月に入り2回目の引き上げです。なんとリーマンショック前に記録した最高値を超えて史上最高値を記録。預金準備率引き下げがバブル抑制を目的だと考えれば、なんと中国は今、史上最高のバブルを迎えていると言ってもいい状態にっ。
ページのトップへ