• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

抗議 の記事

止められぬ焼身抗議の波=僧ダワ・ツェリン、今年10人目の犠牲者に―チベット(tonbani)

2011年10月26日

■止められぬ焼身抗議の波=僧ダワ・ツェリン、今年10人目の犠牲者に■

亡命側に伝えられた情報によれば、2011年10月25日、現地時間正午頃(9時半という情報もある。VOTはインド時間9時半、現地時間12時という)、カンゼ・チベット族自治州カンゼにあるカンゼ僧院の僧侶ダワ・ツェリンが中国政府に対する抗議の焼身自殺を行った。

僧ダワ・ツェリンは父デレック、母ドムツォの子、38歳。RFA によれば彼は31歳、イェパ村付近の出身。カンゼ僧院に7年籍を置いていた。

20111026_ダワ・ツェリン_焼身抗議
*僧ダワ・ツェリン。写真はウーセル女史twitterより。

20111025_チベット_カンゼ僧院
*カンゼ僧院。RFAより。

僧院の中庭で恒例のトルマ供養(RFAによれば仮面舞踏「チャム」)が行われていた最中、大勢の僧侶や一般人が見守る中、僧ダワ・ツェリンは突然儀式が行われている輪の中に走り出て、ガソリンを被り火を付けた。

*当記事はブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。

ついに尼僧も焼身自殺=数分間スローガンを叫び続け、その場で死亡―チベット(tonbani)

2011年10月18日

■ついに尼僧も焼身自殺 その場で死亡 今年9人目■

以下、17日付けTibet Timesチベット語版 より。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

今日(17日)現地時間午後1時頃、ンガバ・ゾン(県)マミー尼僧院の尼僧テンジン・ワンモが尼僧院近くの橋のたもとで、中国政府に抗議の焼身自殺を行い、その場で死亡した。

ンガバ・ゾン、チャコルマ、ニツェ家のテンジン・ワンモ(20歳前後)はンガバ市内から3キロほど離れたところにある尼僧院近くの橋のたもとにおいて「ダライ・ラマ法王をチベットにお招きすべきだ!チベットには宗教の自由が必要だ!」と叫びを上げた後、自らの身体に火を放った。

20111018_tibet
*写真はンガバ、マミー尼僧院(Tibet Timesより)


現地からの報告によれば、彼女は火に包まれながらも、7、8分スローガンを叫びながら歩き続け、その場で息絶えたという。その際、現場には警官等も駆けつけることなく、遺体はマミー尼僧院の尼僧たちにより尼僧院に運び込まれた。その後、当局は遺体を引き渡すよう要求したが、尼僧たちはそれに従わなかった。当局は、もしも遺体を引き渡さない場合、夜の間に地中に埋葬しろと命令した。

*当記事はブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。

「形を変えた暴力テロだ」中国政府、相次ぐ焼身抗議を激しく非難―チベット(tonbani)

2011年10月14日

■中国「焼身自殺は暴力テロ」と/両親は病院で遺灰を渡されただけ■

中国は火曜日、「チベット人僧侶の焼身自殺を批判しない」といってダライ・ラマ法王を非難した。これに対しチベット亡命政府は「北京の人権侵害が抗議の原因だ」と直ちに反撃した。

北京は今年に入り7人の僧侶或は元僧侶が焼身自殺した事に対し、ダライ・ラマが批判しないのは仏教の教えに反するとも言う。

20111013_tibet
*10月8日、「SAVE TIBETANS LIVES」。


■中国政府「形を変えた暴力テロだ」


共同通信によれば、中国外務省の劉為民報道局参事官は11日の定例記者会見で「生命を犠牲にして分裂主義の目的を果たそうとする、形を変えた暴力テロだ」と非難したという。

同じ記者会見からの記事と思われるAP通信(英語)の記事には「テロ」という言葉は出て来ないが、劉為民の発言として「ダライ一味」が、「公に事件を美化し、デマを流し、もっと多くの者たちが彼ら(焼身自殺した者たち)に続くよう煽っている」と述べ、さらに

「焼身自殺はチベットの中国支配を暴力的に転覆させようとする計画の一つだ」

「これは人間的良心と道徳に反するばかりでなく、仏教教義にも反するものである」

とダライ・ラマを強く非難した……そうだ。

*当記事はブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。

「命を捧げられ満足している」10月7日の焼身抗議者2人、病院で死去―チベット(tonbani)

2011年10月12日

■遺体を家族に引き渡さず/カイン氏「命を捧げ満足だ。後悔していない」/チュペル氏も今日死亡■

追記:
ダラムサラ・キルティ僧院僧侶カヤック・ツェリンに(インド時間11日午後6時)確認したところ、「11日午後2時頃、7日にカインと共に焼身自殺を行ったチュペル氏も死亡した」とのこと。


ンガバで7日に焼身自殺を行った2人の内カイン(最初カヤンと報道されていたが、その後カインと表記する報道の方が多い)が8日にバルカムの病院で死亡した。この知らせを聞き、ンガバ地区のチベット人が経営するすべての商店と飲食店は、喪に服すために3日間シャッターを降ろし続けた。
(関連記事:「止まらぬ若者の焼身抗議=さらに2人の犠牲者、うち1人は死亡か―チベットNOW」2011年10月7日)

20111012_tibet
*連続する焼身抗議に対し、10月8日ダラムサラで行われた「SAVE TIBETANS LIVES」。

また、「多くのチベット人がカインの冥福を祈るために寺や僧院を訪れた。寺や僧院では3日間追悼会が行われた」とダラムサラ・キルティ僧院僧侶カヤック・ツェリンは伝える。

「カインの親戚は葬式を行うために遺体を渡してほしいと懇願したにも拘らず、中国当局は遺体を家族に引き渡す事を拒否し、その日(8日)の内に火葬。遺灰だけを家族に渡した」と現地のチベット人がRFAに報告。

新華社電は8日に「2人は病院で治療を受けている。命に別状はない」と報告した後、続報はないままだ。

*当記事はブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。

政府に騙された!抗議の住民を当局が殴り殺した=怒りの住民1000人が政府庁舎を包囲―上海市

2010年12月03日

【Chinanewsのブックマーク棚卸し】紹介しきれなかった記事リンクを一挙放出」掲載のネタで、リクエストがあったものをご紹介。今回は「上海の都市管理局員が殴殺=1000人が鎮政府を囲む」です。

20101203_kougi
※博訊ニュースの報道。
11月8日、上海市閔行区馬橋鎮政府を400人の市民が取り囲んだ。

ことの発端は2003年にさかのぼる。鎮政府は近隣3000世帯、1万3000ムー(約8670ヘクタール)の畑と農村住宅を収用。もともとの住民は洋房区の住宅に移転させられた。しかし、住民たちに与えられた不動産登記証はなんと正規のものではなく、売買ができないことが明らかとなった。農地の転売で鎮政府は莫大な利益を手にしたが、その金は住民たちに還元されることはなかった。そればかりか、移転先の住宅を購入するために住民たちはお金を払ったという。鎮政府を取り囲んだ住民たちは正規の登記証に変更するよう求めている。

9日早朝、鎮政府は多数の警官、都市管理局局員を出動させ対応した。60歳前後の女性が都市管理局局員に袋だたきにあった。怒った市民たちが救出されたが、10日朝に死亡した。遺族と市民1000人は鎮政府に集まり、遺体を庁舎ロビーに運び込んだ。暴行を加えた加害者を連れてくるように要求しているが、政府は要求に応じていない。
博訊ニュース(2010年11月10日)希望の声(11月9日)参照。
ページのトップへ