• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

発明 の記事

中国高速鉄道は日本のパクリなのか=中国政府は否定もネット民は認めていた?!―政治学で読む中国

2010年12月22日

新幹線と「和諧号」

「中国版新幹線」と書くと中国から怒られるかもしれませんが、中国「国産」の高速列車「和諧号」の試験走行が12月3日に行われ、最高時速486.1kmという記録を出し、日本の新幹線の最高速度443kmを抜いたというニュースが報道されました。

20101221_CRH380A
※封面機車の報道。

共同通信もこのニュースを伝えたわけですが、「同列車は、中国が日本の川崎重工から導入した技術を基礎に開発」と伝えていました。
中国版新幹線が「本家」抜く 時速486キロ記録
それを受けて環球時報(電子版)では、「中国高速鉄道は、再び世界鉄道営業運用の試験運転における最高速度を塗り替えた。これは日本マスコミの「関心」を引き、中国が自分で研究・開発した高速鉄道技術を「日本の新幹線から持ってきた」と称している」と報道しておりました。
日本メディアが注目:中国新幹線が速度最高記録を更新=中国高速鉄道技術は新幹線が由来と主張
この記事というより、この記事についていたコメントがなかなか面白かったのでそれを紹介させていただきます。

*当記事はブログ「政治学に関係するものらしきもの」の許可を得て転載したものです。
ページのトップへ