• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

裁判 の記事

【続報】中国でのiPad商標を失ったアップル=相手企業は1200億円を要求

2011年12月11日

裁判に敗訴し、中国本土での「iPad」商標を失ったアップル。商標を持つ唯冠社は100億元(約1200億円)の賠償を求める方針を示している。

<白虎頭村>元村長ら3人、「違法経営罪」で有罪=ネットで発したSOSも関心集まらず―中国コラム

2011年05月02日

広西強制立ち退き事件の村長が懲役4年

私がツイッターを本格的に始めたのは、@amamoeさんという中国人高校生が広西チワン族自治区のある寒村の強制立ち退きを、中国のツイートを拾って日本語に翻訳しているのを読んでからです。

正直言えば、こういうブログをやっていると同じような強制立ち退き事件はいくつも目にしており、正直食傷気味であったのですが、自分が以前にフォローしていた事件でもありますし、興味深く読ませてもらった次第であります。

20101013_baihutou1
*写真は強制取り壊しに抵抗する白虎頭村の住民。となりにはガスボンベを置き、いつでも自爆できるようにしている。死に装束をまとっての一服。

*当記事はブログ「中国という隣人」の許可を得て転載したものです。

中国に今なお残る「市中引き回し」の刑罰=踏みにじられる人権

2010年07月25日

「市中引き回しの上、打ち首。獄門磔に致す」

というフレーズを時代劇かなんかで聞いたことがないでしょうか。なんでも江戸時代の「市中引き回し」は死刑に科される付加罰だったとのこと。それだけ重い罪だったということです。

近代社会では犯罪者を見せ物にする「恥辱刑」が禁止されているわけですが、我らが隣国・中国では……、やっぱり禁止です。でも、禁止なのに田舎では今でも普通に行われている。

2010年7月14日、湖南省婁底市では公開裁判が行われました。その後、トラックに犯罪者を乗せて「市中引き回し」。しかもテレビ放映付きで。この件がネット掲示板に書き込まれ、「人権侵害だ」と話題になりました。この問題に関する報道が以下の記事。
ページのトップへ