• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

遺伝子組み換え の記事

揺れる遺伝子組み換え米問題=当局内部でも対立―中国農業コラム

2010年12月21日

「遺伝子組み換えコメの禁止は停止!?」:福建省遺伝子組み換えどたばた騒動記から考えたこと


お米 / hibisaisai1


相変わらず中国でも議論の多い遺伝子組み換え農産品。ネット上でも常に話題は絶えないようですね。今回は南方週末がそんな中で「どたばた」が福建省でも起きているとの記事。推察(邪推?)の想像力をたくましくすると色々ありそうな・・・。地方政府の「遺伝子組み換え米禁止」がすぐに「停止」されたという、そんな記事のまずはご紹介から(以下は南方週末12月16日号記事の抄訳です)。
地方政府で出された初めての「遺伝子組み換え米の販売禁止」行政規定が、僅か十数日で取り消された。これは12月3日の「福建晩報」が当初伝えたもので、福建省糧食局を中心に、食品安全委員会弁公室、農業庁、工商行政管理局など4部門が連名で出した「遺伝し組み換え米の管理強化に関する通知」が遺伝子組み換え米の栽培、加工、販売を禁止したとのこと。この異例のはっきりした行政規定にメディア、専門家、ネット上でも議論が沸き起こった。ある人は福建省政府リーダーに敬意を表し「(訳注:アヘン戦争前にアヘン禁止に尽力した)林則徐のアヘン焼却にも劣らない(立派な)行為」とまで褒め倒した。
*当記事はブログ「北京で考えたこと」の許可を得て転載したものです。
ページのトップへ