• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

上海に日本的カプセルホテルが登場=物珍しさで終わるのか定着するのか―中国・上海市

2011年01月12日

「上海初のカプセルホテルが開業」というニュースが、中国メディアをにぎわしている。(カプセルホテルの中国語表記は「膠嚢旅館」)
上海にカプセルホテル誕生 8時間で750円、日本に留学した青年が起業(サンケイビズ、2011年1月11日)
上海で中国初という「カプセルホテル」が登場し、話題を集めている。8年間の日本留学経験をもつ吉林省出身の塔賛さん(32)が、新聞配達など日本でのアルバイトでためた資金を持ち帰って起業した。「地方から出てくる学生や農民工(出稼ぎ農民)が気軽に利用できるよう、将来は全国の都市部でチェーン展開したい」と大きく夢を膨らませている。

*中国初の表記はおそらく間違いで、上海初が正しいと思われる。以下のリンクは中国のカプセルホテル施設製造メーカー
20110112_capsule1

20110112_capsule2

カプセルホテルはほぼ日本と変わらないのではないだろうか。長さ2.2メートル、幅1.1メートル、高さ1.1メートル。液晶テレビ、コンセント、ネットなどの設備がある。カプセル外部には浴室、トイレ、喫煙所、購買部、荷物保管所がある。

20110112_capsule3
写真は鳳凰網の報道。計13枚の写真が公開されている。

気になる値段は、入室費28元(約336円)に加え、1時間あたり4元(約48円)というもの。1日15時間以上使用する場合は定額となり、88元(約1056円)が必要となる。なお男性のみの使用が許され、女性客は受け入れていないとのこと。また、当局の許可が得られるまでは外国人の受け入れもできないという。また現在は「試験営業」中で、正規の開業許可を受けてはいないという。本当に当局の許可をとれるのか、その点も注目だ。

さてさて、このカプセルホテル、人気を集めることができるのだろうか。一部報道は「ビジネスホテルの競争が激化している上海では、1泊99元(約1200円)という低価格のホテルもあるため価格競争力がない」との厳しいご指摘。物珍しさが消えればたちゆかなくなるような気もするが……。

*記事についての情報や間違いなど教えて頂けると大変助かります!コメント欄か、メール(kinbricksnow●gmail.com、●を@に変えてください)でお願いします。


中国人ご一行様からクレームです!
伊藤 雅雄
三修社
売り上げランキング: 95864



<過去記事>
18歳の少年がメイド喫茶を開業、中国人若人のバイタリティはすごいぜ―情報サイト「福州生活」

悪夢の黄金週間=ホテルが「間違えて」入れた亜硝酸塩で1人死亡、42人入院―中国・四川省

【日本ラブ】アニメ好き?就職のため?それとも……中国人が日本語を勉強する理由を聞いてみた

資産総額1兆円!ルール無用のケンカファイター、ワハハの宗慶後が中国一の大富豪に

格安航空会社・春秋航空の快進撃と航空便遅延補償金規定

 コメント一覧 (4)

    • 1.  
    • 2011年01月12日 13:56
    • こういうとこってある程度以上のモラルと治安がもとめられるからねえ。
    • 2. -
    • 2011年01月12日 14:48
    • 「宇宙戦艦ヤマト」の作者「松本零士」はサヨクだった!
      http://soumoukukki.at.webry.info/201101/article_2.html
    • 3.  
    • 2011年01月12日 15:06
    • 中国じゃ間違いなく火災で大惨事だな。
    • 4. Chinanews
    • 2011年01月12日 16:21
    • >1さん
      ホテルの正門が24時間空きっぱなし、に不安だというコメントがありました。確かに治安とか怖いですね。

      >3さん
      カプセルの材料は防火素材という話がでていましたが……。寝たばことかする悪い子がいると、怖いですね。

コメント欄を開く

ページのトップへ