• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

中国から学ぶネットリテラシーの上げ方―今日の注目ニュース

2011年05月03日

<今日の一押しニュース>
ASCII.jp:中国から学ぶネットリテラシーの上げ方|山谷剛史の「中国IT小話」
今でこそ、中国では四捨五入して5億人のインターネット利用者がいるが、1億人を突破したのは2005年とごく最近だ。2005年以前は「新浪(Sina)」「捜狐(SOHU)」「網易(NetEase)」という3大ポータルサイトが頂点にあった。チャットソフト「QQ」も人気だったが、誰もがチャットソフトとしてQQを利用するだけだった。
TODAY
<今日のKINBRICKS NOW>
「ありがとう、台湾」日本人有志による感謝広告=台湾の人気ブロガーが応答

「ジョプ僧院の僧侶2人に懲役刑」「年末にンガバ・キルティ僧院接収か?」―チベットNOW

<中国iOS市場>デバイス別シェア、人気アプリランキング(11年2~4月)―中華携帯ニュース

アピシット首相、6日に下院解散と名言=総選挙は6月26日に―タイ・ニュース

黄服(PAD)解散の危機=加熱する「鎖国主義」主張に支持団体離反―タイ・ニュース

ベトナム国会議員は共産党の操り人形ではなくなったのか?ベトナムの改革と中国―北京で考えたこと

【動画】強制土地収用に抗議の焼身自殺=人が死ななきゃ家が守れない国―中国湖南省


<今日の注目ニュース>
Nicheee! | ニッチー! | テレビリサーチ会社がお届けする情報サイト : 売れない漫画家の破天荒な挑戦! 実録インド出版事業計画!!

まず、発端は漫画家業に行き詰まった山松氏が、「インドで日本の漫画を売ろう!」と思いついたことから始まる。

ビンラディン殺害後もテロとの戦いは続く: The Voice of Russia
ビンラディンの殺害については、公式発表の前にロシア政府に対して、事前に連絡があった。ロシアのドミトリー・メドヴェージェフ大統領は、テロリストには逃げ場はない、と指摘した上で、ロシアは早くから国際テロリズムの脅威を目の当たりにしており、アルカイダが何者であるか、身をもって実感している、と語っている。

人力頼み 鉄道復活の壁 インド、輸送拡大へ1.4兆円も効果疑う声 (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
国営インド鉄道をはじめとする鉄道各社の貨物駅には荷物の積み降ろしのための設備がなく、いまだに肉体労働者の作業に依存している状態で、整備計画の成功を疑問視する声が専門家の間から上がっている。

原発事故、インド遠のく原賠法改正 外国企業の免責困難、進まぬ技術輸入 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
インドは2010年9月、原発事故の賠償責任を定めた「原子力賠償責任法(原賠法)」を成立させたが、とくに米国は外国企業に厳しい原賠法を見直すよう強
く求めていた。しかし、東京電力福島第1原子力発電所の事故で、インド国内で原発の安全性に対する不安が高まり、外国企業を免責する法改正は政治的に難し
くなっている。

北朝鮮が再びハッカー攻撃か 韓国の農協システムに障害 - 47NEWS(よんななニュース)
韓国で4月に農協の電算システムがダウンする障害が起き、原因を捜査していたソウル中央地検は3日、北朝鮮によるサイバーテロとの見方を発表。

時事ドットコム:グーグル韓国法人など捜索=位置情報無断収集の疑い
米検索大手グーグルの韓国法人グーグルコリアと、韓国ポータルサイト運営大手ダウム・コミュニケーションのソウル市内の事務所を家宅捜索した。

「ビン・ラディンの隠れ家」襲撃直後の動画 | WIRED VISION
パキスタンの中心部に近いそれなりの都市に位置し、すぐ近くには軍事施設がある。この立地ゆえ、この潜伏先は事実上、無人航空機『RQ-1プレデター』を寄せ付けなかった。アルカイダにおける部下たちはパキスタンの荒野でプレデターに追われていた(日本語版記事)が、その指導者は何ヵ月も、あるいは何年も、都市部のアジトで比較的安全な状態にあった。

米政府、パキスタン政府の関与を調査へ=ビンラディン容疑者の潜伏で - WSJ日本版 - jp.WSJ.com
ビンラディン容疑者は、首都イスラマバード北方65キロのパキスタン軍士官学校のあるアボタバードで、3階建ての豪邸に隠れ住んでいた。米政府高官らは、同容疑者がアボタバードに居住できたのはパキスタン内で支援を受けていたからであるのは明らかとみている。

【台湾】台中直線女【仆街少女】 | キックアスアジア | アジア・ニュース
シュールなセンスが受け、フェイスブックから火がついた。

ASCII.jp:中国から学ぶネットリテラシーの上げ方|山谷剛史の「中国IT小話」
SNSに関しては利用者数はもとより、全人口の2割弱が利用しているため、利用率でも日本の上を行くわけだ。

おじいちゃん、夜道で襲われギャングを撃退 香港 国際ニュース : AFPBB News
香港(Hong Kong)で、強盗目的の若者の集団に襲われた81歳の男性が、若者たちを撃退し、数人に手痛い傷を負わせた。警察が2日明らかにした。


リビアでカダフィ氏息子らの葬儀 千人参列、反仏叫ぶ - 47NEWS(よんななニュース)

葬儀には約千人が集まり、リビア攻撃を主導するフランスのサルコジ大統領に反発するスローガンを連呼した。


アラブ各国の民主化デモでフィリピン経済が沈む理由 アジア・タイムズ・オンライン(香港)より PHILIPPINES | World Biz News | 現代ビジネス [講談社]

フィリピン経済にとって、人口の8人に1人に上る出稼ぎ労働者による海外からの送金が重要な外貨収入となっている。


ムバラク氏は375億円 スイス政府が凍結資産公表 - MSN産経ニュース

リビアの最高指導者、カダフィ大佐の凍結資産は約3億6千万スイスフラン、チュニジアのベンアリ前大統領は約6千万スイスフランという。


中国、高速鉄道計画を大幅見直し 汚職疑惑で予算4割削減 最高時速も50キロ減の300キロ - MSN産経ニュース

今年の関連予算を当初の7千億元(約8兆7500億円)から4千億元に約43%削減する。


セックス離れ、若い男性に強い傾向=豪大学調査 | 世界のこぼれ話 | Reuters

16―64歳の男性4300人、女性4400人を対象に調査を実施。その結果、16―24歳の男性12%がセックスを減らしたいと答えており、すべての年齢層で最も高い割合となった。


今月の事件簿@2011年4月「MLB元スーパースターが替え玉!?」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ジャン=クロード・ヴァン・ダム(50歳)が、格闘家になることを決断した。11歳で空手を始めたヴァン・ダムは、1980年に欧州プロ空手選手権のミドル級を制したこともあるほどの腕前。


ユッケ・レバー刺がメニューにない理由 | おや爺のブログ

昔の人は小さい子供や体の弱った病人に刺身を食べさせませんでした。自分なりに無意識であれリスクを判断し魚の刺身を食べているのです。

トップページへ

ネット大国中国――言論をめぐる攻防 (岩波新書)
遠藤 誉
岩波書店
売り上げランキング: 5040

コメント欄を開く

ページのトップへ