• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

流行語 の記事

人口13億の中国、2011年は「人手不足」が深刻化=外国人労働者受け入れ加速も―翻訳者のつぶやき

2011年01月18日

用工荒

昨年は「柴油荒(ディーゼル油不足)」という言葉に代表されるように、「~荒(不足)」という言葉が流行語になった年でもありました。その中でも現在の中国の世相を反映する典型的な流行語が「用工荒(求人不足)」という言葉です。


农民工的晾衣架 / llee_wu


労働力不足の現象については、昨年2月の春節(旧正月)前後に広東省あたりの下請け工場で深刻化していたことを以前の記事「出稼ぎ労働者の行方は」でご紹介しました。今年はこの「用工荒」の現象により、中国の企業の経営状況が昨年よりもより一層深刻になりそうな雰囲気になっています。

*当記事はブログ「中国語翻訳者のつぶやき」の許可を得て転載したものです。

<中国的2010年新聞>中華マスコミ頻出の流行語トップ10=日本アニメ由来のネットスラングまでランクイン

2010年12月31日

年末の定番企画といえば、やはり「今年の10大ニュース」。ちょっと出遅れましたが(笑)、中国メディア、ニュースサイトのちょっと気になる10大ニュースを拾ってみたいと思います。


上海世博会-中国馆 / 凌智(LingZhi)-Suzuki-


第二弾は中国共産党の機関紙・人民日報が選ぶ「2010年中国メディア10大流行語」です。

調査は2010年1月1日から12月20日までのマスメディア報道データベースを分析して実施されたもの。で、この1年間、最もマスコミに登場する頻度が高かった単語10個を特定したそうです。
ページのトップへ